So-net無料ブログ作成

BOOST [道具]

先日、アディゼロ匠【挑】を新調した記事をアップしましたが、

同時期に購入した【練】も当然、同様に消耗しているわけで・・・

コチラも新調しました[ー(長音記号2)]

DSC03273.JPG

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]adizero takumi ren boost[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

初ブーストです[exclamation]

【練】は現在四代目ブースト2が発売されており

これは、前モデルにあたる三代目【練】です。

アディゼロ匠シリーズはマイナーチェンジとフルモデルチェンジを交互に繰り返すパターンできており

つまり、これまで使用していた【練】2から大きく変化したモデルになります。

現行品ではなく旧モデルを選んだ理由として

〇マイナーチェンジなので違いが少ない。(機能的に変わったのはアッパーの素材だけだと思います。)

〇カラーが好みだった。(オレンジ系ソーラーレッドがカッコいい[黒ハート]

〇旧モデルなのでセール品で安価。(これが最大の理由かも[あせあせ(飛び散る汗)]

と、3つの理由がポイントでした[ー(長音記号2)]

DSC03274.JPG

ソーラーレッドとランニングホワイトのツートンがカッコいいですね[るんるん]

シューレースも白で、なんか部活感があります[わーい(嬉しい顔)]

DSC03275.JPG

踵のサポーターも無くなりスッキリしてグッド[手(チョキ)]

DSC03277.JPG

最大の変化点、ミッドソール前部にブーストフォーム採用・・・

このブーストコンセプトに疑問視していたので敬遠してたのですが・・・

んー、どうでしょ?

DSC03276.JPG

アウトソールも変わりました。

前部のブツブツの粒が大きくなって数が減り、その面積も減りました。

その分爪先のコンチネンタルラバーが親指の内側から小指の外側まで大きく伸びました。

これが、後にこのシューズを評価する上で大きく関わってきます[目]


さて、インプレッションです[くつ]

本日、慣らしも兼ね10kmほど走ってみました[ー(長音記号2)]

ポイントになるのは、やはり、ブーストフォームでしょう。

着地のクッション性は抜群です。

特に、長く続く下り坂のコースを走る場合、このブーストフォームが最大限に活かされると思います。

んが、

それだけです。

踏み込んだ時ブーストフォームの縮み切った感(潰れ切った感?)が無いため地面を捉えてる感もありません。

なので、蹴り出し時に地面に伝わらない感を高反発性で補ってる?

正確には誤魔化してるって言った方が良いでしょう。

違和感たっぷりです。

以前からランニングシューズに高反発性は必要無いと考えていたため

敬遠していたのですが的中した形となりました・・・

良い意味で裏切って欲しかったです[もうやだ~(悲しい顔)]

また、前モデルに比べグリップ感も減少してます。

これは、アウトソールのブツブツの面積が減少と粒が大きくなって数が減ったのが原因かと。

粒を大きくしたのは耐久性の向上がが目的と思われます。

踵のアディウェアも厚くなっているのでそう言ったコンセプトがあったと予測されます。

しかし、ブツブツの面積の減少の理由は少し違うと思います。

これは、ブツブツの面積を減らしたかったのではなく

爪先のラバーの部分を増やす必要があったからだと思います。

それは、ブーストフォームを前部に搭載してしまったためでしょう。

クッション性・反発性が高い反面、剛性が弱いと思われるブーストフォームはブレ感があり安定しない。

それをラバーで補ってる感じです。

【練】の場合ブーストフォーム含有率は30%なのでこの程度のラバーで済んでいますが

90%ほどのモデルでは一体成型のラバーがアウトソール全面を覆ってます。

これは、剛性を確保することが目的ではないでしょうか?

当然、重量も増え重くなります。

【結論】

前モデルに比べトレーニング向けになっており

軽量ではあるが性質上レースには向かない。

完全トレーニングモデルですね。

剛性の弱いブーストフォームはランニングシューズには向かず

EVAフォームで充分かと。

アウトソールで補強し、若干重量が増しても気にならない

バッシュ(バスケットボールシューズ)なら高反発も活かせて

向いている素材なのではないかと思います。

DSC03278.JPG

アディダスさん、カッコいい匠シリーズだけでもEVAモデルに戻して貰えないでしょうか?[わーい(嬉しい顔)]

[決定]







EVA補完計画 [道具]

本日、

主にジョグ、LSDで使用してたアディゼロ匠【挑】が消耗して走り辛くなって来ていたので

NEWモデル購入する為にSPORTS DEPOに行ってきました[ー(長音記号2)]

DSC02633.JPG

[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]adidas adizero takumi idomi[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

【挑】の最新モデルですね[ー(長音記号2)][るんるん]

DSC02637.JPG

一見、旧モデルとの変化点は無いように見えますが

アッパーのメッシュ素材が変わったようです。

DSC02638.JPG

『アッパーには三村氏がおよそ4年をかけて独自開発した保形性の高いメッシュ「Mim-lite MESH X」を使用。現在のadizero takumi sen boostと比較して、通気性、フィット感が格段に向上し、前作と比較して更なる軽量化を実現。足の可動域にあわせた適度な伸び止め、また、元の形状を維持する力が増したことで、使い込んでも崩れにくく、走る間も通気性を継続的に維持することから、まさにパートナーと呼べる1足に仕上がりました。』
(アディダス公式オンラインショップより)

まだ、履いて走ってないのでシェイクダウンが楽しみです[わーい(嬉しい顔)]

引き続き【挑】を選んだ最大の理由はこのソール。

DSC02634.JPG

EVA素材のFull-fore foot adiPRENE+とFORMOTIONの組合せが

ホント、走りやすくて気に入ってます[手(チョキ)]

しかし、このEVAモデル消滅の危機なんです[exclamation×2]

実は昨日、名古屋のアディダスショップに行ってきたのですが

【挑】をはじめ、他のEVAモデルも置いてませんでした。

店員さんに聞くと、もう入荷は終了しておりオンラインのみでの発売で

今後の生産も未定なのだとか・・・

店頭のラインナップ表の中からも消えており、全て、BOOSTモデルとなっていたので

もしかするとこれが最後のEVAモデルとなるかもしれません[もうやだ~(悲しい顔)]

そのせいか、毎年、何色か発売されるのに、

今回はこのショックグリーン1色のみです。

DSC02639.JPG

画像では水色に見えるかもしれませんが緑色なんですね[ー(長音記号2)]

緑色のEVA・・・







makinami-mari-illustrious00052.jpg

仮説5号機補完計画だよ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。